AED パルスが与える仕事,心肺蘇生手順 106回薬剤師国家試験問200,201

106回薬剤師国家試験 問200−201
60歳男性が処方箋を持ってかかりつけの薬局を訪れた。処方箋を受付に渡そうとしたところ、男性は胸を押さえながら床に倒れた。男性に意識はなく、正常な呼吸も確認できなかった。薬剤師は、同僚に119番通報及び自動体外式除細動器(AED)の手配を依頼し、AEDの到着まで胸骨圧迫を開始した。なお、心肺蘇生は日本蘇生協議会ガイドライン2015に基づいて実施した。

 

問200
AED到着後、手順に従い電極を装着し、機器による判定の後、薬剤師は電気ショックを実施した。電気ショック後に行うべきことはどれか。1つ選びなさい。

 

1 呼吸が再開するまで手を触れずに待つ。
2 安全のためにAED の電源を切る。
3 AED の電極パッドを、次の電気ショックに備えて交換する。
4 別のAED を持ってくるように依頼する。
5 胸骨圧迫を再開する。

 

 

問201
この傷病者に用いたAEDの1回の電気パルスの平均電圧は1000 V、平均電流は15A、通電時間は10msであった。1回のパルスが傷病者に与える仕事の大きさに最も近い値はどれか。1つ選びなさい。傷病者に取り付けた電極間の抵抗は67Ωとする。

 

1 2.2mJ
2 150mJ
3 2.2 J
4 150J
5 223J

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

106回薬剤師国家試験 問200 解答解説
正解は「5 胸骨圧迫を再開する。」である。

 

詳細は下記のリンク先を参照
日本蘇生協議会(JRC)ガイドライン2015

 

★他サイトさんの解説へのリンク
第106回問200,201(e-RECさん)

 

 

106回薬剤師国家試験 問201 解答解説

 

本問のAEDの1回のパルスが傷病者に与える仕事の大きさは、
AEDの1回のパルスの電力量に等しい。
よって、求める仕事の大きさ=電力量は、

 

電力量
= 電圧(V) × 電流(A) × 時間(s)
= 1000 V×15A×10ms
= 150J

 

 

以下、詳細

 

★ 電力
単位時間当たりになされた電気エネルギーによる仕事(電気エネルギーによる仕事率)を電力という。
電力の単位について、
1W = 1J/s
の関係がある。

 

電力について、下記の式が成り立つ。

 

電力(W) = 電圧(V) × 電流(A)

 

 

★ 電力量

 

一定時間になされた電気エネルギーによる仕事の総量を電力量という。
電力量の単位について、
1W・s = 1J
の関係がある。

 

電力量について、下記の式が成り立つ。

 

電力量(J) = 電力(W) × 時間(s)

 

電力(W) = 電圧(V) × 電流(A) より、
電力量(J) = 電圧(V) × 電流(A) × 時間(s)
と変換できる。

 

本問のAEDの1回の電気パルスの平均電圧は1000 V、平均電流は15A、通電時間は10msである。
本問で求める1回のパルスが傷病者に与える仕事の大きさとは、10msの通電時間にAEDによってなされた電力量である。
したがって、求める電力量は、
電力量
= 電圧(V) × 電流(A) × 時間(s)
= 1000 V×15A×10ms
= 150J

 

 

★ オームの法則
電流の流れにくさを電気抵抗といい、単位をΩ(オーム)で表す。
オームの法則とは電流は電圧に比例するという法則である。
オームの法則は、電流I(A),電圧V,抵抗R(Ω)とすると、
下記の式で表される。

 

AED パルスが与える仕事,心肺蘇生手順,電気ショック後 106回薬剤師国家試験問200,201

 

 

★他サイトさんの解説へのリンク
第106回問200,201(e-RECさん)

トップへ戻る