酸化・還元とは 薬学

本ページでは、酸化と還元について簡単に説明しています。

トップページ へ

 

薬剤師国家試験過去問解答解説の科目別まとめ

 

薬剤師国家試験過去問題集 物理 電気化学・電池

 

☆ 酸化
酸化とは電子を失うことである。
酸化数の観点では、反応に関与する原子の酸化数が増えることを酸化という。
有機化学では化合物中のある原子(主に炭素)の電子密度が低下することも酸化という。
炭素の電子密度が低下する酸化に該当する反応として、Cより電気陰性度の小さいHが外れること、および、Cより電気陰性度の大きいO,N,ハロゲンが結合することが挙げられる。

 

 

☆ 還元
還元とは電子を受け取ることである。
酸化数の観点では、反応に関与する原子の酸化数が減ることを還元という。
有機化学では化合物中のある原子(主に炭素)の電子密度が上昇することも還元という。
炭素の電子密度が上昇する還元に該当する反応として、Cより電気陰性度の小さいHが結合すること、および、Cより電気陰性度の大きいO,N,ハロゲンが外れることが挙げられる。

 

 

・亜鉛半電池(Zn2+/Zn反応系)における酸化還元
酸化・還元とは 薬学
右方向への反応はZn2+が電子を受け取る還元反応であり、
左方向への反応はZnが電子を失う酸化反応である。

 

 

・銅半電池(Cu2+/Cu反応系)における酸化還元
酸化・還元とは 薬学
右方向への反応はCu2+が電子を受け取る還元反応であり、
左方向への反応はCuが電子を失う酸化反応である。

トップへ戻る