塩素原子の酸化数が+1なのはどれか 105回薬剤師国家試験問8

第105回薬剤師国家試験 問8
(a)〜(e)で示した化合物のうち、塩素原子の酸化数が+1なのはどれか。1つ選びなさい。

 

(a)次亜塩素酸ナトリウムは漂白剤として用いられる化合物の1つである。その水溶液に(b)塩酸を加えると(c)塩化ナトリウムを生じると同時に有毒な(d)塩素ガスを発生する。また、次亜塩素酸ナトリウムを40〜50℃で保存すると、塩化ナトリウム及び爆発性をもつ(e)塩素酸ナトリウムを生じる。

 

1.(a)次亜塩素酸ナトリウム
2.(b)塩酸
3.(c)塩化ナトリウム
4.(d)塩素ガス
5.(e)塩素酸ナトリウム

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題集 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 化学 無機化学 へ

 

第105回薬剤師国家試験 問8 解答解説
塩素原子の酸化数が+1なのは
(a)次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)である。

 

(a)〜(e)の各化合物において、塩素原子の酸化数をXとおいて計算してみる。

 

◆ (a)次亜塩素酸ナトリウム:NaClO
1×(+1) + 1×X + 1×(−2) = 0
これより、X=+1となる。

 

 

◆ (b)塩酸:HCl
1×(+1) + 1×X = 0
これより、X=−1となる。

 

 

◆ (c)塩化ナトリウム:NaCl
1×(+1) + 1×X = 0
これより、X=−1となる。

 

 

◆ (d)塩素ガス:Cl2
塩素原子の酸化数は0である。

 

 

◆ (e)塩素酸ナトリウム:NaClO3
1×(+1) + 1×X + 3×(−2) = 0
これより、X=+5となる。

 

★参考外部サイトリンク
酸化数(化学のグルメさん)

 

★他サイトさんの解説へのリンク
第105回問8(e-RECさん)

トップへ戻る