医薬品化学 ゾルピデム酒石酸塩 第101回薬剤師国家試験問209

第101回薬剤師国家試験 問209
ゾルピデム酒石酸塩に関する記述の正誤を判定してみよう。

 

ゾルピデム酒石酸塩に関する記述 第101回薬剤師国家試験問209

 

1 窒素原子アはsp3混成軌道をもつ。
2 破線で囲んだ環は芳香族性をもつ。
3 窒素原子イは、3つの窒素原子のうち最も塩基性が高い。
4 酒石酸の立体異性体は、図に示したものを含めて4つある。
5 この酒石酸は(2R, 3R)の立体配置を有する。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

第101回薬剤師国家試験 問209 解答解説

 

◆ 1,2について

 

ゾルピデム酒石酸塩に関する記述 第101回薬剤師国家試験問209

 

1 × 窒素原子アはsp3混成軌道をもつ。
→ 〇 窒素原子アはsp2混成軌道をもつ。

 

2 〇 破線で囲んだ環は芳香族性をもつ。

 

詳細は下記のリンク先を参照
ゾルピデムの環の芳香族性 101回問209の1,2

 

 

◆ 3について

 

ゾルピデム酒石酸塩に関する記述 第101回薬剤師国家試験問209

 

3 × 窒素原子イは、3つの窒素原子のうち最も塩基性が高い。
→ 〇 窒素原子アは、3つの窒素原子のうち最も塩基性が高い。

 

詳細は下記のリンク先を参照
ゾルピデムの窒素の塩基性 101回問209の3

 

 

◆ 4,5について

 

ゾルピデム酒石酸塩に関する記述 第101回薬剤師国家試験問209

 

4 × 酒石酸の立体異性体は、図に示したものを含めて4つある。
→ 〇 酒石酸の立体異性体は、図に示したものを含めて3つある。

 

5 〇 この酒石酸は(2R, 3R)の立体配置を有する。

 

詳細は下記のリンク先を参照
酒石酸の立体異性体 101回問209の4,5

 

 

★他サイトさんの解説へのリンク
第101回問208,209(e-RECさん)

トップへ戻る