メスナとイホスファミド代謝物のアクロレインとの結合反応 102回薬剤師国家試験問207

102回薬剤師国家試験 問206−207
28歳男性。悪性軟部腫瘍の転移が判明し、病棟カンファレンスにおいてイホスファミドの投与が検討された。薬剤師は、イホスファミドによる治療及びメスナの投与に関して医療スタッフに説明を行った。

 

問206
薬剤師の説明として正しいのはどれか。2つ選びなさい。
1 イホスファミドによる骨髄抑制を予防するために、メスナの投与が必要です。

 

2 メスナの投与により抗腫瘍効果が減弱するので、イホスファミドを増量する必要があります。

 

3 メスナの併用により脳症が現れることがあるので、観察を十分に行ってください。

 

4 イホスファミドは肝代謝により消失するので、腎機能の考慮は不要です。

 

5 イホスファミド投与開始の1時間前から頻回に、かつ大量の水分摂取を行わせてください。

 

 

問207
メスナは、イホスファミドの代謝物であるアクロレインと反応し、化合物Aを生成する。化合物Aの構造式として正しいのはどれか。1つ選びなさい。

 

メスナとイホスファミド代謝物のアクロレインとの結合反応 102回薬剤師国家試験問207

 

 

メスナとイホスファミド代謝物のアクロレインとの結合反応 102回薬剤師国家試験問207

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題集 科目別まとめ一覧 へ

 

第102回薬剤師国家試験 問206 解答解説

 

下記のリンク先を参照
イホスファミドによる治療及びメスナの投与 102回問206

 

 

第102回薬剤師国家試験 問207 解答解説

 

正解は1である。
メスナとイホスファミド代謝物のアクロレインとの結合反応 102回薬剤師国家試験問207

 

★ C=Cに電子求引基が置換しているアルケンでは、β位炭素が電子不足となり求核剤が付加する求核共役付加反応が起こる(マイケル付加反応)。

 

ノーマルなアルケンは、C=Cのπ結合の電子雲の存在により電子豊富なため、求電子試薬が付加する反応(求電子付加反応)が起こることが多い。
しかし、アルケンの中でも、C=Cに電子求引基が置換しているアルケンでは、電子求引性電子効果によりβ位に該当するC=Cの炭素が電子不足になっており、そのβ炭素に対して求核試薬が付加するという求核共役付加反応が起こる。これをマイケル付加反応と呼ぶ。

 

メスナとイホスファミド代謝物のアクロレインとの結合反応 102回薬剤師国家試験問207

 

設問の出発物のうち、アクロレインはカルボニル(C=O)のα位とβ位の炭素がC=Cである。この構造をα,β−不飽和カルボニルという。α,β−不飽和カルボニルでは、カルボニルの電子求引性電子効果によりC=Cのβ位が電子不足となっている。
一方、メスナの構造中にはチオール(−SH)があり、その硫黄原子は供与可能な非共有電子対を有し、ルイス塩基として働く。

 

よって、アクロレインのα,β−不飽和カルボニルの電子不足のβ位炭素に対し、メスナのチオールの硫黄原子が求核攻撃を行い付加する(マイケル付加反応)。

 

メスナとイホスファミド代謝物のアクロレインとの結合反応 102回薬剤師国家試験問207

 

シクロホスファミドやイホスファミドが投与されると、代謝物の1つとしてアクロレインが生成する。アクロレインは出血性膀胱炎を起こす有害な物質である。シクロホスファミドおよびイホスファミドを投与する際、メスナを併用することにより、有害な代謝物のアクロレインにメスナをマイケル付加させ、無毒性で水溶性の高い1の化合物に変えることができる。しかし、この反応は可逆反応であり、1の化合物は時間経過とともにE1cBという脱離反応を起こし、有毒なアクロレインが再生してしまう。そのため、大量の補液により尿量を増やすことで、アクロレインが再生する前に1の化合物を尿とともに体外に排泄する必要がある。

 

また、弱アルカリ性では弱酸性に比べてアクロレインの分解が促されると考えられているため、尿のアルカリ化が図られる。

 

 

★他サイトさんの解説へのリンク
102回問206,207(e-RECさん)

トップへ戻る