ビルダグリプチン 構造,立体,塩基性 第102回薬剤師国家試験問107

第102回薬剤師国家試験 問107
ビルダグリプチンに関する記述の正誤を判定してみよう。

 

ビルダグリプチン 構造,立体,配座,塩基性 第102回薬剤師国家試験問107

 

1 ピペリジン環を有している。

 

2 破線で囲んだ炭素骨格中のすべてのシクロヘキサン環は、いす形配座をとっている。

 

3  a及びbで示される2つの窒素原子のうち、bの方が塩基性が強い。

 

4  cで示される不斉炭素原子はR 配置である。

 

5  d及びeで示される2つの炭素原子はいずれもキラル中心(立体中心)ではない。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

第102回薬剤師国家試験 問107

 

ビルダグリプチン 構造,立体,配座,塩基性 第102回薬剤師国家試験問107

 

◆ 1について

 

1 × ピペリジン環を有している。
→ ○ ピロリジン環を有している。

 

詳細は下記のリンク先を参照
102回問107の1

 

 

◆ 2について
2 ○ 破線で囲んだ炭素骨格中のすべてのシクロヘキサン環は、いす形配座をとっている。

 

破線で囲まれた構造はアダマンタンと呼ばれる。

 

ビルダグリプチン 構造,立体,配座,塩基性 第102回薬剤師国家試験問107

 

アダマンタンは3つのシクロヘキサン環から成るが、3つともいす形配座をとっている。

 

 

◆ 3について
3 ×  a及びbで示される2つの窒素原子のうち、bの方が塩基性が強い。
→ ○ aの方が塩基性が強い。

 

詳細は下記のリンク先を参照
102回問107の3

 

 

◆ 4について
4  × cで示される不斉炭素原子はR 配置である。
→ ○ cで示される不斉炭素原子はS 配置である。

 

詳細は下記のリンク先を参照
102回問107の4

 

 

◆ 5について
5  ○ d及びeで示される2つの炭素原子はいずれもキラル中心(立体中心)ではない。

 

詳細は下記のリンク先を参照
102回問107の5

 

★他サイトさんの解説へのリンク
第102回問107(e-RECさん)

トップへ戻る