バラシクロビル 加水分解により切断される位置 99回薬剤師国家試験問209

99回薬剤師国家試験 問209
バラシクロビルは、加水分解によりアシクロビルに変換され活性を発現する。切断される位置はどれか。1つ選びなさい。

 

バラシクロビル 加水分解により切断される位置 99回薬剤師国家試験問209

 

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

99回薬剤師国家試験 問209 解答解説

 

正解は3のエステル結合である。

 

バラシクロビル 加水分解により切断される位置 99回薬剤師国家試験問209

 

問題文に「加水分解」とあるので、加水分解されやすいのはどこか考えると正答できる。

 

バラシクロビル(バルトレックス)は、アシクロビルとL-バリンがエステル結合した化合物で、経口投与で消化管から吸収された後、肝臓でエステル結合が加水分解されてアシクロビルとなるプロドラッグである。

 

バラシクロビルはバリンエステルのプロドラッグとすることにより、消化管からの吸収において小腸のペプチドトランスポーターに認識されるようになり、アシクロビルと比較して経口吸収性が増大している。

 

バラシクロビル 加水分解により切断される位置 99回薬剤師国家試験問209

 

 

★他サイトさんの解説へのリンク
第99回問208、209(e-RECさん)

 

 

 

トップへ戻る