薬剤師国家試験過去問題集 化学 酸性度・塩基性度

薬剤師国家試験過去問題の化学の「酸性度・塩基性度」のまとめです。
薬剤師国家試験の化学の対策,薬学CBTの化学の対策,薬学部の定期試験・卒業試験対策の化学の「酸性度・塩基性度」の勉強にどうぞ。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

酸性の強さの比較 106回問102

 

イミダゾールとピリジンの塩基性 106回問104の1

 

脱離して生じるアニオンの塩基性,共役酸のpKaと反応性 106回問104の2

 

シアノ基の電子求引とグアニジノ基の塩基性 106回問104の4,5

 

グアニジン 共役酸の共鳴安定化と塩基性 104回問7

 

チオエステルのα-水素の酸性度 104回問138の5

 

誘起効果と電気陰性度とカルボン酸の酸性度pka 103回問10

 

物質の塩基性と共役酸の安定性 102回問10

 

ビルダグリプチンの窒素原子の塩基性 102回問107の3

 

第100回薬剤師国家試験 問101

 

ゾルピデムの窒素の塩基性 101回問209の3

 

アスコルビン酸(ビタミンC)中のHの酸性度 99回問105

 

含窒素化合物の塩基性の比較 98回問10

 

官能基の酸性度の強さの序列 97回問10

 

カルボン酸 電子供与・求引による酸性度の変化と共役塩基 96回問7c

 

芳香族アミン 電子供与・求引による塩基性の変化 96回問7d

 

イリノテカンの窒素の塩基性の比較 96回問11b

 

アンモニア,ピロリジン,ピリジンの塩基性の比較 95回問4a

 

p-,m-ニトロフェノールの酸性の比較 95回問4b

 

炭素酸(炭化水素)の軌道のs性と酸性度 94回問4a

 

エタン,トルエン,アセトニトリルの共役塩基と酸性度の比較 94回問4b

 

共役塩基の負電荷の非局在化と酸性度 94回問4c

 

ケトン,ジケトン,ジエステルの酸性度 94回問4d

 

カルボン酸,フェノール,アルコールの酸性度の序列 93回問4の1

 

塩基性の強さの比較 総合問題 93回問4の2

 

ニトロ安息香酸の酸性度,pka 93回問12の1

 

脂肪族,芳香族アミンの塩基性の強さの比較 93回問12の3

 

アミンの塩基性の強さの比較 総合問題 92回問6

 

薬剤師国家試験過去問題 化学 酸性度 カルボニルのα水素 脱プロトン化 91回問9d

 

酸性度と共役塩基の負電荷の安定性・塩基性 90回問4

 

ニトロ基,メトキシ基の誘起効果と酢酸誘導体の酸性度 89回問11d

 

第89回薬剤師国家試験 問4

 

アルキル基の電子供与効果と酸性度 88回問7a

 

ケトンとエステルの酸性度の比較 88回問7b

 

アルキル基,ニトロ基の置換の酸性度への影響 88回問7c

 

酸の強さと共役塩基の塩基性 88回問7d

 

ka,pkaと酸性の強さの関係 88回問15a

 

Kb,pKbおよび共役酸のka,pKaと塩基性の強さの関係 88回問15b

 

アルケン・共役ジエンのアリル位の酸性度 第86回問10c

 

アミドが塩基性を示さない理由 85回問14a

 

アセトニトリルの混成軌道と塩基性 84回問6a

 

ピロール 塩基性を示さない理由 84回問6b

 

ピリジン 非共有電子対の軌道と塩基性 84回問6c

 

エチルアミンの塩基性 軌道のs性・アルキル基の電子供与効果 84回問6d

 

アニリン誘導体の塩基性の強さの比較 84回問13

 

ピリジン,ピペリジン 非共有電子対の軌道と塩基性 82回問2ab

 

エチレン,アセチレンの混成軌道と酸性度 82回問2cd

 

o-ニトロフェノールとm-ニトロフェノールの酸性度の比較 82回問14ab

 

o-ニトロアニリンとm-ニトロアニリンの塩基性度の比較 82回問14cd

 

トップページへ
薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

薬剤師国家試験過去問題集 化学 酸性度・塩基性度記事一覧

第86回薬剤師国家試験 問10c不飽和炭化水素に関する記述の正誤を判定してみよう。c propeneのメチル基水素は1,4-pentadieneの3位の炭素上の水素よりも酸性度が強い。トップページへ薬剤師国家試験過去問題集 科目別まとめ一覧 へ薬剤師国家試験過去問題集 化学 アルケン第86回薬剤師国家試験 問10c 解答解説c × propeneのメチル基水素は1,4-pentadieneの3位の...

第82回薬剤師国家試験 問2ab有機化合物の酸性度、塩基性度及び混成軌道に関する下記の記述の正誤を判定してみよう。a piperidine(hexahydropyridine)窒素の非共有電子対はsp3混成軌道を占めるのに対して、pyridine窒素の非共有電子対はsp2混成軌道を占めている。b 塩基性度はpyridineの方が、piperidineよりも高い。

トップへ戻る