屈折率 旋光度 円二色性CD 96回薬剤師国家試験問17

第96回薬剤師国家試験 問17
屈折率、旋光度及び円二色性(CD)に関する記述の正誤を判定してみよう。

 

a 屈折率は、一定温度・一定圧力では物質に固有の値であり、測定波長を変えても変わらない。

 

b 旋光度は、測定波長により変化する。

 

c 旋光度は、光学活性物質の純度試験や定量に利用される。

 

d CDスペクトルからタンパク質の一次構造情報が得られる。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題 物理 電磁波,光 へ

 

第96回薬剤師国家試験 問17 解答解説
a × 屈折率は、一定温度・一定圧力では物質に固有の値であり、測定波長を変えても変わらない。
→ 〇 屈折率は、一定温度・一定圧力・一定測定波長では物質に固有の値である。

 

屈折率は測定波長が変わると変化する。

 

★参考外部サイトリンク
屈折率(wikipediaさん)

 

光の屈折(わかりやすい高校物理の部屋さん)

 

波長に対して屈折率はどのように変化しますか?(株式会社オプトメカエンジニアリングさん)

 

 

・bについて
b 〇 旋光度は、測定波長により変化する。

 

★参考外部サイトリンク
偏光と旋光性(yakugaku labさん)

 

 

・cについて
c 〇 旋光度は、光学活性物質の純度試験や定量に利用される。

 

★参考外部サイトリンク
旋光(wikipediaさん)

 

旋光度測定と比旋光度(薬学これでOKさん)

 

 

・dについて
d × CDスペクトルからタンパク質の一次構造情報が得られる。
→ 〇 CDスペクトル(円二色性スペクトル)からタンパク質の二次構造情報が得られる。

 

円二色性(CD)スペクトルから、タンパク質・核酸の2次構造や光学活性物質の絶対配置に関する情報が得られる。

 

旋光性は、媒質中で左円偏光と右円偏光の速度が異なること、それに関連して屈折率が異なることが基にあったが、これに加え、左円偏光と右円偏光とで吸光係数に差があることを円二色性または円偏光二色性(circular dichroism:CD)と呼ぶ。円二色性では、左右の円偏光の透過光の電場ベクトルを合成したベクトルの軌跡が軸の傾いた楕円を描き、これを楕円偏光と呼ぶ。
横軸に光の波長、縦軸に楕円率という数値または左円偏光と右円偏光の吸光係数の差をプロットしたものを円二色性スペクトル(CDスペクトル)といい、タンパク質や核酸などの生体高分子の二次構造の推定に利用されている。

 

★参考外部サイトリンク
円偏光二色性(wikipediaさん)

 

偏光と旋光性(yakugaku labさん)

 

トップへ戻る