AとBが互いに立体配座(コンホメーション)異性体でないのはどれか 98回薬剤師国家試験問7

第98回薬剤師国家試験 問7
AとBが互いに立体配座(コンホメーション)異性体でないのはどれか。1つ選びなさい。
AとBが互いに立体配座(コンホメーション)異性体でないのはどれか 98回薬剤師国家試験問7

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題集 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 化学 立体化学の立体配座

 

第98回薬剤師国家試験 問7 解答解説
正解4 
立体配座(コンホメーション)異性体は、単結合の周りの回転により、物質を構成する原子の空間的な位置が互いに異なる立体異性体のことである。
4におけるAとBの関係は、AがtransでBがcisの、互いにcis,transの関係の立体配置異性体である。

 

cis,trans異性体とは、C=Cの二重結合のそれぞれのCに結合する原子または原子団が同じであるが、それら原子または原子団の結合する位置が互いに異なるものの立体異性体である。
cis,trans異性体はC=Cの二重結合周りが回転できないことから、立体配置異性体の関係となる。
4において、AとBはC=Cの二重結合周りが回転しないと同じものにならないが、C=Cの二重結合は回転しないので、AとBは互いに立体配座異性体ではない。

 

★参考外部サイトリンク
立体異性体(wikipediaさん)

 

立体配座(wikipediaさん)

 

幾何異性体(wikipediaさん)

 

シス・トランス異性体(みくあす化学館さん)

 

★他サイトさんの解説へのリンク
第98回問7(e-RECさん)

 

トップへ戻る