散乱光の振動数が入射光の振動数と異なる現象をラマン散乱とよぶ 101回薬剤師国家試験問95の3

第101回薬剤師国家試験 問95の3
光の性質に関する記述の正誤を判定してみよう。

 

3 入射光により物質が励起される場合、散乱光の振動数が入射光の振動数と異なる現象をラマン散乱とよぶ。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題集 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 物理 電磁波,光 へ

 

第101回薬剤師国家試験 問95の3 解答解説

 

3 〇 入射光により物質が励起される場合、散乱光の振動数が入射光の振動数と異なる現象をラマン散乱とよぶ。

 

光の散乱は、粒子に入射光が当たり、その光のエネルギーを粒子が吸収して励起し、粒子が高くなったエネルギーを下げようとする際、光を放射することによってエネルギーを下げようとするときに起こる。

 

入射光により物質が励起され、光の散乱が起こる場合、
散乱光の振動数が入射光の振動数と同じ現象をレイリー散乱とよび、
散乱光の振動数が入射光の振動数と同じ現象をラマン散乱とよぶ。

 

レイリー散乱では、粒子が入射光のエネルギーを吸収して励起し、その吸収した光エネルギーをそのまま光を放射することによって放出する現象であり、散乱光の振動数は入射光の振動数と同じである。
レイリー散乱における散乱現象前後の粒子のエネルギー状態は、散乱前後で同じである。

 

ラマン散乱では、粒子が入射光のエネルギーを吸収して励起し、吸収した光エネルギーより小さいエネルギーまたは大きいエネルギーを光を放射することによって放出する現象であり、散乱光の振動数は入射光の振動数とは異なる。
ラマン散乱における散乱現象前後の粒子のエネルギー状態は、散乱前後で異なる。

 

★参考外部サイトリンク
光の性質(役に立つ薬の情報〜専門薬学さん)

 

ラマン分光法の基礎(日本分光さん)

 

 

◆4について
4 × ラマン散乱が起こった場合、散乱光の振動数は必ず小さくなる。
→ 〇 ラマン散乱が起こった場合の散乱光について、散乱光の振動数が入射光の振動数より小さいストークス光である場合と、散乱光の振動数が入射光の振動数より大きい反ストークス光である場合がある。

 

ラマン散乱では、粒子が入射光のエネルギーを吸収して励起し、吸収した光エネルギーより小さいエネルギーまたは大きいエネルギーを光を放射することによって放出する現象である。
散乱光の振動数またはエネルギーが入射光の振動数より小さいストークス光を放射する場合、散乱後の粒子のエネルギー状態は散乱前よりも高い。

 

散乱光の振動数が入射光の振動数またはエネルギーより大きい反ストークス光を放射する場合、散乱後の粒子のエネルギー状態は散乱前よりも低い。

 

★参考外部サイトリンク
ラマン分光法の基礎(日本分光さん)

 

★他サイトさんの解説へのリンク
第101回問95(e-RECさん)

トップへ戻る