相対屈折率,局法屈折率測定法 90回薬剤師国家試験問16

第90回薬剤師国家試験 問16
図は光が等方性の媒質Aから媒質Bに入るとき、その境界面で進行方向が変わる現象を模式的に示している。
これに関する記述の正誤を判定してみよう。
相対屈折率,局法屈折率測定法 90回薬剤師国家試験問16

 

1 媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nはn = sinr/siniで表される。

 

2 媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射角iによらず一定である。

 

3 媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射光の波長によらず一定である。

 

4 日本薬局方一般試験法の屈折率測定法では、通例、温度20℃で、光源としてキセノンランプを用いるよう規定されている。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題 物理 電磁波,光 へ

 

第90回薬剤師国家試験 問16 解答解説
1 × 媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nはn = sinr/siniで表される。
→ 〇 媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nはn = sini/sinrで表される。

 

相対屈折率,局法屈折率測定法 90回薬剤師国家試験問16
相対屈折率=入射角の正弦/屈折角の正弦 が成り立つ。

 

★参考外部サイトリンク
光の屈折の全てが誰でも分かる!(受験のミカタさん)

 

 

・2について
2 〇 媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射角iによらず一定である。

 

相対屈折率,局法屈折率測定法 90回薬剤師国家試験問16
媒質Aに対する媒質Bの屈折率(相対屈折率)の定義は下記の通りである。

 

媒質A中の光の速度/媒質B中の光の速度

 

よって、相対屈折率は入射角によらず一定である。

 

★参考外部サイトリンク
光の屈折(わかりやすい高校物理の部屋さん)

 

 

・3について
3 × 媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射光の波長によらず一定である。
→ 〇 媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射光の波長が変われば変化する。

 

相対屈折率,局法屈折率測定法 90回薬剤師国家試験問16
媒質Aに対する媒質Bの屈折率(相対屈折率)について次式が成り立つ。

 

媒質Aに対する媒質Bの屈折率=
媒質A中の光の波長/媒質B中の光の波長

 

よって、媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射光の波長が変われば変化する。

 

★参考外部サイトリンク
光の屈折(わかりやすい高校物理の部屋さん)

 

 

・4について
4 × 日本薬局方一般試験法の屈折率測定法では、通例、温度20℃で、光源としてキセノンランプを用いるよう規定されている。
→ 〇 日本薬局方一般試験法の屈折率測定法では、通例、温度20℃で、光源としてナトリウムスペクトルD線を用いるよう規定されている。

 

等方性の物質において、波長、温度及び圧力が一定のとき、その屈折率は物質に固有の定数である。したがって、物質の純度の試験又は均質な2物質の混合物の組成の決定などに用いられる。
日本薬局方一般試験法の屈折率測定法では、
アッベ屈折計を用い空気に対する医薬品の相対屈折率を測定し、温度は20℃で光源としてナトリウムスペクトルD(波長589.3nm)線を用いる。

トップへ戻る