薬剤師国家試験過去問題集 物理 電磁波,光の性質

薬剤師国家試験過去問の「電磁波,光の性質」の範囲の問題を集めました。

薬剤師国家試験過去問題集 物理系薬学 電磁波,光の性質

第101回薬剤師国家試験 問95光の性質に関する記述のうち正しいのはどれか。2つ選びなさい。1 光の屈折率は、光が進む媒体の誘電率と光の波長に依存し、長波長の光は短波長の光よりも屈折率が大きい。2 物質の粒子径が入射光の波長に比べて非常に小さい場合、入射光と同じ振動数の光を散乱する現象をレイリー散乱とよぶ。3 入射光により物質が励起される場合、散乱光の振動数が入射光の振動数と異なる現象をラマン散乱...

第90回薬剤師国家試験 問16図は光が等方性の媒質Aから媒質Bに入るとき、その境界面で進行方向が変わる現象を模式的に示している。これに関する記述の正誤を判定してみよう。1 媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nはn = sinr/siniで表される。2 媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射角iによらず一定である。3 媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射光の波長によ...

82回薬剤師国家試験 問29可視光の性質に関する次の記述の正誤について、正しいものはどれか。a 水中の光速は真空中の光速よりも小さい。b 屈折率は物質に対する光の入射光に依存する。c 屈折率は光の波長に依存しない固有の値である。d 医療用内視鏡のファイバースコープは光の全反射を利用している。

83回薬剤師国家試験 問20X線に関する次の記述の正誤について、正しいものはどれか。a X線はフイルムに塗布した写真乳剤に潜像を形成させる。b X線の振動数は赤外線の振動数よりも大である。c X線を用いる回折法で固体薬物が結晶性であるかどうかを判断できる。d X線は動物の硬組織よりも軟組織の方が透過しにくい。

107回薬剤師国家試験 問206光線過敏症は、体表面に近い部分に分布した薬物が電磁波を吸収することにより誘発される。光線過敏症を誘発する電磁波に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選びなさい。1 キセノンランプが放射する光に含まれる。2 原子核のスピン遷移に伴い吸収・放射される。3 水分子の回転運動を直接引き起こす。4 SPECT やPET に利用される。5 n−π*遷移やπ−π*遷移を引き起...

107回薬剤師国家試験 問207薬剤師は患者に対し、光線過敏症の対策として日焼け止め剤の利用を勧めることにした。日焼け止め剤に含まれている化合物のうち、光線過敏症の発症に予防的に機能することが期待されるものとして、適切でないのはどれか。1つ選びなさい。

トップへ戻る