絶対屈折率と相対屈折率 85回薬剤師国家試験問17c

第85回薬剤師国家試験 問17c
屈折率に関する次の記述の正誤を判定してみよう。

 

c 試料の絶対屈折率は、その試料の空気に対する屈折率と空気の真空に対する屈折率の和である。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題 物理 電磁波,光 へ

 

第85回薬剤師国家試験 問17c 解答解説

 

c × 試料の絶対屈折率は、その試料の空気に対する屈折率と空気の真空に対する屈折率の和である。
→ 〇 試料の絶対屈折率は、その試料の真空に対する屈折率である。

 

光は電磁波であり、互いに直交する電場と磁場が進行方向に対して垂直に、周期的に振動しながら進む波である。
光の進行速度は通過する媒質によって異なるが、それは光と媒質粒子との相互作用が媒質粒子によって異なるからである。
光はある媒質中から他の媒質中に進行するとき、その境界面で進行方向が変化する。これを屈折と呼び、屈折の程度を表す指標として屈折率がある。
屈折が起こるのは、媒質によって光の進行速度が異なるためである。

 

光が媒質1から媒質2に入射する場合における、媒質2に対する媒質1の相対屈折率n12は次の式で表される。
なお、入射角をθi、屈折角をθrとする。
絶対屈折率と相対屈折率 85回薬剤師国家試験問17c

 

媒質Xの絶対屈折率NXとは、光が真空中から媒質Xに入射した場合の相対屈折率である。
真空の絶対屈折率は1である。

 

媒質の絶対屈折率をいくつか挙げると、真空1、空気1.0028、水1.33、ガラス1.4〜2.1 である。

 

媒質Xの絶対屈折率NXとは、光が真空中から媒質Xに入射した場合の相対屈折率である。

 

★参考外部サイトリンク
光の屈折の全てが誰でも分かる!(受験のミカタさん)

トップへ戻る