IUPAC命名法 官能基の優先順位 100回薬剤師国家試験問10

第100回薬剤師国家試験 問10 
IUPAC の置換命名法において、次の5つの官能基を優先順位の高い順に並べなさい。

 

1 ケトン(CO)  2 アルコール(OH)  3 エステル(COOR) 
4 アミン(NH2)  5 チオール(SH)

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 化学 化合物の命名

 

第100回薬剤師国家試験 問10 解答解説
正解は、優先順位の高い順から、
3 エステル(COOR) → 
1 ケトン(−C(=O)−) → 
2 アルコール(OH) → 
5 チオール(SH) → 
4 アミン(NH2)

 

IUPAC命名法 官能基の優先順位 100回薬剤師国家試験問10

 

IUPAC の置換命名法による化合物の名称は、接頭語+母核+接尾語 というように3つの要素から成る。
命名において、まず、化合物中で最も優先準位の高い官能基を見つけ、それを「主基」とする。
主基は置換命名法において接尾語で表す。
主基以外の置換基は接頭語で表す。

 

置換命名法においては、化合物中に官能基が複数ある場合を想定し、その場合にどれを主基とするのか、下記の表のように官能基に優先順位が付けられている。IUPAC命名法 官能基の優先順位 100回薬剤師国家試験問10

 

★参考外部サイトリンク
命名法(猫でもわかる有機化学さん)

 

IUPAC命名法(ヘテロ)(薬学これでOKさん)

 

★他サイトさんの解説へのリンク
第100回問10(e-RECさん)

トップへ戻る