透過度,透過率とは?定義式 96回問33b

96回薬剤師国家試験 問33b
紫外可視吸光度測定法に関する記述の正誤を判定してみよう。

 

b 単色光が、ある物質の溶液を通過するとき、透過光の強さの入射光の強さに対する比率を透過度という。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 紫外可視吸光度測定法 一覧 へ

 

96回薬剤師国家試験 問33b 解答解説

 

b 〇 単色光が、ある物質の溶液を通過するとき、透過光の強さの入射光の強さに対する比率を透過度という。

 

単色光が、ある物質の溶液を通過するとき、
入射光の強さをI0,
透過光の強さをIとすると、
透過度tについて次式で表される。

 

透過度,透過率とは 定義式 96回問33b

 

透過度,透過率とは 定義式 96回問33b

 

また、透過度tを%で表したものを透過率Tとし、
透過率Tは次式で表される。

 

透過度,透過率とは 定義式 96回問33b

トップへ戻る