薬剤師国家試験過去問題集 DDSの総合問題

ブセレリン酢酸塩の経鼻投与製剤  84回薬剤師国家試験問179a

84回薬剤師国家試験 問179a
DDS製剤に関する次の記述の正誤を判定してみよう。

 

a ブセレリン酢酸塩の経鼻投与製剤は、薬物の全身循環血への吸収を目的として用いられる。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題 DDSの総合問題 一覧へ

 

 

84回薬剤師国家試験 問179a 解答解説

 

a 〇 ブセレリン酢酸塩の経鼻投与製剤は、薬物の全身循環血への吸収を目的として用いられる。

 

ブセレリン酢酸塩の点鼻薬(スプレキュア点鼻液)は、Gn-RH誘導体のブセレリンの全身循環血への吸収を目的とした点鼻薬である。
点鼻薬として鼻腔内に噴霧され、鼻粘膜から全身循環血に吸収された場合、肝臓での初回通過効果を受けないこと,経口投与ではバイオアベイラビリティが低い薬物の投与経路となり得ること等の理由から、薬物の全身循環への送達に点鼻が選択されることがある。

 

薬物の全身循環への送達を目的とした点鼻薬として、以下のものが挙げられる。
・デスモプレシン点鼻:中枢性尿崩症治療薬
・ブセレリン点鼻(スプレキュア点鼻液):Gn-RH誘導体の点鼻薬
・ナファレリン点鼻:Gn-RH誘導体の点鼻薬
・グルカゴン点鼻(バクスミー点鼻粉末):低血糖治療薬
・スマトリプタン点鼻(イミグラン点鼻):片頭痛治療薬

 

一方、ステロイド点鼻薬は、鼻粘膜に局所的に作用し、鼻炎を治療することを目的としたものであり、全身循環への吸収を目的としたものではない。

 

関連問題
べクロメタゾンプロピオン酸エステルの鼻腔内投与製剤 92回問178の1

トップへ戻る