ファンデルワールス相互作用は、分子間の距離により引力として働く場合と斥力として働く場合がある 100回薬剤師国家試験問91の4

第100回薬剤師国家試験 問91の4
次の分子間相互作用に関する記述の正誤を判定してみよう。

 

4 ファンデルワールス相互作用は、分子間の距離により引力として働く場合と斥力として働く場合がある。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 物理 分子間相互作用 へ

 

第100回薬剤師国家試験 問91の4 解答解説

 

4 〇 ファンデルワールス相互作用は、分子間の距離により引力として働く場合と斥力として働く場合がある。

 

分子間の距離が非常に近距離になることで反発的なファンデルワールス相互作用が起こる場合がある。
引力と反発力を考慮したファンデルワールス相互作用のポテンシャルエネルギーを示すものにレナード−ジョーンズポテンシャルという関数があり、この関数によれば極めて近距離では反発力が支配的となる。

 

★ 参考サイトリンク
ファンデルワールス力・水素結合・疎水性相互作用(やくさじさん)

 

レナードジョーンズポテンシャル(電池の情報サイトさん)

 

★ 他サイトさんの解説へのリンク
100回問91(e-RECさん)

トップへ戻る