ハロアルカンは同じ炭素数のアルカンより沸点が高い 91回問5ab

91回薬剤師国家試験 問5ab
ハロアルカンの性質に関する記述の正誤を判定してみよう。

 

a 炭素-ハロゲン結合の分極により、ハロゲンに結合した炭素原子はわずかに負電荷を持つ。

 

b ハロアルカンは同じ炭素数のアルカンより沸点が高い。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 物理 分子間相互作用 へ

 

91回薬剤師国家試験 問5ab 解答解説

 

◆ aについて
a × 炭素−ハロゲン結合の分極により、ハロゲンに結合した炭素原子はわずかに負電荷を持つ。
→ 〇 炭素−ハロゲン結合の分極により、ハロゲンに結合した炭素原子はわずかに正電荷を持つ。

 

ハロゲン原子の電気陰性度は炭素原子よりも大きい。
よって、炭素−ハロゲンの結合では、炭素が正に分極し、ハロゲンが負に分極している。

 

ハロアルカンは同じ炭素数のアルカンより沸点が高い 91回問5ab

 

 

◆ bについて
b 〇 ハロアルカンは同じ炭素数のアルカンより沸点が高い。

 

ハロアルカンは炭素−ハロゲン結合の分極により双極子−双極子相互作用が働くため、
同じ炭素数のアルカンより沸点が高い。

トップへ戻る