分子間相互作用に関する記述のうち、正しいのはどれか 100回薬剤師国家試験問91

第100回薬剤師国家試験 問91
分子間相互作用に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選びなさい。

 

1 酸素原子の電気陰性度は硫黄原子より大きいため、分子間に働く水素結合はH2Oの方がH2Sよりも強い。

 

2 静電的相互作用によるポテンシャルエネルギーは、距離の2乗に反比例する。

 

3 分散力は、ロンドン力とも呼ばれ、そのポテンシャルエネルギーは距離の4乗に反比例する。

 

4 ファンデルワールス相互作用は、分子間の距離により引力として働く場合と斥力として働く場合がある。

 

5 疎水性相互作用はファンデルワールス相互作用により説明される。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 物理 分子間相互作用 へ

 

第100回薬剤師国家試験 問91の1 解答解説

 

◆ 1について
1 〇 酸素原子の電気陰性度は硫黄原子より大きいため、分子間に働く水素結合はH2Oの方がH2Sよりも強い。

 

詳細は下記のリンク先を参照
100回問91の1

 

 

◆ 2について
2 × 静電的相互作用によるポテンシャルエネルギーは、距離の2乗に反比例する。
→ 〇 静電的相互作用(イオン結合)によるポテンシャルエネルギーは、距離に反比例する。

 

詳細は下記のリンク先を参照
100回問91の2

 

 

◆ 3について
3 × 分散力は、ロンドン力とも呼ばれ、そのポテンシャルエネルギーは距離の4乗に反比例する。
→ 〇 分散力は、ロンドン力とも呼ばれ、そのポテンシャルエネルギーは距離の6乗に反比例する。

 

詳細は下記のリンク先を参照
100回問91の3

 

 

◆ 4について
4 〇 ファンデルワールス相互作用は、分子間の距離により引力として働く場合と斥力として働く場合がある。

 

詳細は下記のリンク先を参照
100回問91の4

 

 

◆ 5について
5 × 疎水性相互作用はファンデルワールス相互作用により説明される。

 

詳細は下記のリンク先を参照
100回問91の5

トップへ戻る