1H-NMR ピリジンとピペリジンのシグナルの化学シフト 97回薬剤師国家試験問103の3

第97回薬剤師国家試験 問103の3
含窒素複素環化合物に関する記述の正誤を判定してみよう。

 

3 重クロロホルム中で測定した1H-NMR のうち、炭素原子に結合した水素のシグナルは、ピリジンよりピペリジンの方が高磁場に観測される。

トップページへ
薬剤師国家試験過去問題集 科目別まとめ一覧 へ
薬剤師国家試験過去問題集 化学 芳香族化合物

 

第97回薬剤師国家試験 問103の3 解答解説

 

3 〇 重クロロホルム中で測定した1H-NMR のうち、炭素原子に結合した水素のシグナルは、ピリジンよりピペリジンの方が高磁場に観測される。

 

芳香環ではπ電子の環電流効果が働くため、1H-NMRにおいて芳香環炭素に結合した水素のシグナルは7〜8ppmの低磁場に観測される。

 

脂肪族の炭化水素に結合した水素のシグナルは1〜3ppm付近の高磁場に観測される。

トップへ戻る