旋光度の符号と絶対配置は関係がない 94回薬剤師国家試験問6b

第94回薬剤師国家試験 問6b
立体化学に関する記述の正誤を判定してみよう。

 

b 旋光度の符号(+,−)は、絶対配置を示す(R, S)にそれぞれ対応している。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題集 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 化学 立体化学 へ

 

第94回薬剤師国家試験 問6b 解答解説

 

b × 旋光度の符号(+, −)は、絶対配置を示す(R, S)にそれぞれ対応している。

 

化合物の右旋性,左旋性と不斉中心のR,Sは関係がない。

 

化合物が、ある平面偏光(直線偏光)に対して、偏光面を右に回転させる右旋性を有している場合、旋光度の符号は+であり、化合物の名称に右旋性を表すdまたは+を付ける。dは右旋性のdextrorotatoryの頭文字である。
化合物が、ある平面偏光(直線偏光)に対して、偏光面を左に回転させる左旋性を有している場合、旋光度の符号は−であり、化合物の名称に左旋性を表すl (エル)または−を付ける。lは左旋性のlevorotatoryの頭文字である。

 

R,Sは不斉中心の立体構造を示すものであるが、右旋性,左旋性とは対応していない。

 

★参考外部サイトリンク
光学異性体(猫でもわかる有機化学さん)

トップへ戻る