シスチンを還元するとシステインが生成する 薬剤師国家試験97回問207の4

第97回薬剤師国家試験 問207の4
下記の記述の正誤を判定してみよう。

 

4 シスチンを酸化するとシステインが生成する。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題集 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 有機化学 反応分類 へ

 

第97回薬剤師国家試験 問207の4 解答

 

4.× シスチンを酸化するとシステインが生成する。
→ 〇 シスチンを還元するとシステインが生成する。

 

酸化とは電子を失うことである。
酸化には、ある炭素の電子密度が低くなることが1つとしてあり、電気陰性度の低いHが外れることや電気陰性度の高いO,N,ハロゲンが結合することが挙げられる

 

還元とは電子を受け取ることである。
還元には、ある炭素の電子密度が高くなることが1つとしてあり、電気陰性度の低いHが結合することや電気陰性度の高いO,N,ハロゲンが外れることが挙げられる。
シスチンは2分子のシステインがジスルフィド結合(−S−S−)で結合した化合物である。
シスチンが2分子のシステインになる反応は、−S−S−が−SH HS−になる反応であるが、反応前後のSの電子密度に着目すると、Sに相対的に電気陰性度の大きいSが外れて相対的に電気陰性度の小さいHが結合することによりSの電子密度が高まっているので、この反応は還元反応である。

 

逆に、2分子のシステインからシスチンになる反応は、−SH HS−が−S−S−になる反応であるが、反応前後のSの電子密度に着目すると、Sに相対的に電気陰性度の小さいHが外れて相対的に電気陰性度の大きいSが結合することによりSの電子密度が低くなっているので、この反応は酸化反応である。

 

シスチンを還元するとシステインが生成する 薬剤師国家試験97回問207の4

 

★参考外部サイトリンク
酸化(wikipediaさん)

 

還元(wikipediaさん)

 

システイン(wikipediaさん)

 

シスチン(wikipediaさん)

 

 

★他サイトさんの解説へのリンク
97回問207(e-RECさん)

トップへ戻る