プロカインの合成法 第93回薬剤師国家試験問12

第93回薬剤師国家試験 問12
次の反応式は、プロカインの合成法の1つを示したものである。合成原料、合成法とプロカインの構造と性質に関する記述の正誤を判定してみよう。

 

プロカインの合成法 第93回薬剤師国家試験問12

 

a 合成原料である4-nitrobenzoic acidのpKaはbenzoic acidよりも小さい。

 

b 反応Aは第2級アミンを求核剤として、主にSN2機構で進行する。

 

c プロカインの2つのアミノ基のうち、第3級のアミノ基よりも第1級のアミノ基の塩基性が高い。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 有機化学 反応分類 へ

 

第93回薬剤師国家試験 問12 解答解説

 

◆ aについて

 

第93回問12aについては下記のリンク先を参照
ニトロ安息香酸のpka 93回問12の1

 

 

◆ bについて

 

プロカインの合成法 第93回薬剤師国家試験問12

 

b ○ 反応Aは第2級アミンを求核剤として、主にSN2機構で進行する。

 

ハロゲン−sp3炭素を有するハロゲン化合物は求核置換反応または脱離反応の基質となる。

 

SN2反応は、基質のCδ+に対して求核試薬がハロゲン(脱離基)の無い方向から背面攻撃を行うと同時に、ハロゲン(脱離基)が陰イオンとなって脱離するという中間体を経ない一段階で済む反応である。結果、基質においてハロゲン(脱離基)と求核試薬が置き換わったものが生成する。
Cδ+周辺の立体障害が大きい基質は、求核試薬がCδ+にアクセスできないのでSN2は進行しない。よって、第3級ハロゲン化アルキルでSN2反応はほとんど起こらない。

 

 

アンモニア・アミンは窒素が非共有電子対を有するので求核剤として反応する。
ただし、第3級アミンは窒素周りの立体障害が大きいので、求核試薬としてカルボニル(C=O)とは反応しない。

 

反応Aは、ハロゲン−sp3炭素の構造を有するハロゲン化アルキルに対して、アミンが求核攻撃することによって起こるSN2反応である。

 

反応Aは下記のように進む。

 

プロカインの合成法 第93回薬剤師国家試験問12

 

 

◆ cについて

 

第93回問12cについては下記のリンク先を参照
脂肪族,芳香族アミンの塩基性の強さの比較 93回問12の3

トップへ戻る