「反応」と「反応の分類」の対の正誤 第88回薬剤師国家試験問10

第88回薬剤師国家試験 問10
次の「反応」と「反応の分類」の対の正誤を判定してみよう。

 

「反応」と「反応の分類」の対の正誤 第88回薬剤師国家試験問10

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 有機化学 反応分類 へ

 

第88回薬剤師国家試験 問10 解答解説

 

◆ aについて

 

「反応」と「反応の分類」の対の正誤 第88回薬剤師国家試験問10

 

反応aは酸化反応である。

 

有機化学において、酸化とはある原子(通常は炭素)の電子密度が低下することであり、還元とはある原子(通常は炭素)の電子密度が上昇することである。

 

反応aは、アルコールを二クロム酸ナトリウム(Na2Cr2O7)で酸化し、ケトンを生成している。
この反応では、炭素と酸素との単結合(C−O)から炭素と酸素との二重結合(C=O)になっており、電気陰性度の大きい酸素との結合が新たに形成され、炭素の電子密度が低下しているので酸化反応と考えられる。

 

 

◆ bについて

 

「反応」と「反応の分類」の対の正誤 第88回薬剤師国家試験問10

 

反応bはアルコールの酸性条件下での分子内脱水であり、HとOHが脱離してアルケンを生成する脱離反応である。

 

アルコールの分子内脱水については、
下記のリンク先の97回問6の解説を参照
97回問6

 

 

◆ cについて

 

「反応」と「反応の分類」の対の正誤 第88回薬剤師国家試験問10

 

反応cは求核置換反応のSN2反応である。
ハロゲン−sp3炭素結合を有するハロゲン化アルキルを基質とし、その正に分極した炭素(Cδ+)に対してアルコキシドイオン(R−O:-)やフェノキシドイオン(Ph−O:-)が求核攻撃して付加すると同時にハロゲンが脱離し、結果、ハロゲンとアルコキシド(R−O)またはフェノキシド(Ph−O)が置換したエーテルが生成する。この反応はウィリアムソンのエーテル合成と呼ばれる。

 

アルコールの分子形(R−OH)・フェノールの分子形(Ph−OH)は求核性が低いので、塩基で脱プロトン化し、アルコキシドイオン(R−O:-)・フェノキシドイオン(Ph−O:-)にして求核性を高める。
アルコールのOHの酸性度は非常に弱いので、NaHのような特に強い塩基が必要である。
フェノール性OHはアルコールのOHより比較的に酸性度が高いので、そこまで強い塩基でなくても脱プロトン化できる。

 

反応cのウイリアムソンエーテル合成は下記のようにSN2機構で進む。

 

「反応」と「反応の分類」の対の正誤 第88回薬剤師国家試験問10

 

 

◆ dについて

 

「反応」と「反応の分類」の対の正誤 第88回薬剤師国家試験問10

 

過酸化物は比較的ラジカルになりやすい。
よって、過酸化物存在下でのアルケンに対するハロゲン化水素の付加反応は、通常と異なり、ラジカル反応として進行し、主生成物は逆マルコフニコフ型となる。すなわち、アルケンのC=Cの炭素のうち、置換基の多い方の炭素に水素が結合し、置換基の少ない方の炭素にハロゲンが結合したものが主生成物となる

 

「反応」と「反応の分類」の対の正誤 第88回薬剤師国家試験問10

 

 

なお、通常のアルケンに対するハロゲン化水素の付加反応では、カルボカチオン中間体を経るイオン反応として進行し、主生成物はマルコフニコフ型となる。すなわち、アルケンのC=Cの炭素のうち、置換基の少ない方の炭素に水素が結合し、置換基の多い方の炭素にハロゲンが結合したものが主生成物となる

 

「反応」と「反応の分類」の対の正誤 第88回薬剤師国家試験問10

トップへ戻る