90回薬剤師国家試験問167 固体粒子・粉体の性質に関する記述

90回薬剤師国家試験 問167
固体粒子・粉体の性質に関する記述のうち、正しいものはどれか。

 

a 無晶形は、粒子を構成する分子や原子が規則的に配列し、結晶に比べて低いエネルギー状態にある。
b ガス吸着法や空気透過法による粒子径測定では、粒度分布は得られない。
c 粒子のぬれやすさは、粒子と液体の固−液界面張力には依存しない。
d 粉体の内部摩擦係数と付着力が小さいほど、流動性は良い。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 粉体 一覧へ

 

 

90回薬剤師国家試験 問167 解答解説

 

◆ aについて
a × 無晶形は、粒子を構成する分子や原子が規則的に配列し、結晶に比べて低いエネルギー状態にある。
結晶は粒子を構成する分子や原子が規則的に配列したものである。
無晶形は、粒子を構成する分子や原子が不規則に配列したものであり、結晶に比べて高いエネルギー状態にあり、不安定である。

 

 

◆ bについて
b 〇 ガス吸着法や空気透過法による粒子径測定では、粒度分布は得られない。

 

ガス吸着法や空気透過法は粉体の比表面積を測定する方法である。
これらの方法より得られた比表面積から計算により平均粒子径を求められるが、
個々の粒子径は得られないため、粒度分布は得られない。

 

 

◆ cについて
c × 粒子のぬれやすさは、粒子と液体の固−液界面張力には依存しない。

 

ぬれとは、固体−気体界面に液体が接触し、固体−気体界面が固体−液体界面に置き換わる現象である。
下の図はぬれを示したものであるが、
ぬれは固―気界面張力、液―気界面張力、固―液界面張力に依存する。

 

90回薬剤師国家試験問167 無晶形とエネルギー,吸着法・吸着法と粒度分布

 

ぬれの平衡状態では各界面張力と接触角θについて次のヤングの式が成り立つ。
γS = γSL + γL・cosθ

 

 

◆ dについて
d 〇 粉体の内部摩擦係数と付着力が小さいほど、流動性は良い。

トップへ戻る