シアノ基の電子求引とグアニジノ基の塩基性 106回薬剤師国家試験問104の4,5

第106回薬剤師国家試験 問104の2
次の反応と生成物に関する記述の正誤を判定してみよう。

 

シアノ基の電子求引とグアニジノ基の塩基性 106回薬剤師国家試験問104の4,5

 

4 シアノ基は、電子供与性基である。

 

5 破線で囲んだ部分構造cは、グアニジンよりも高い塩基性をもつ。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題集 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 化学 酸性度・塩基性度 へ

 

第106回薬剤師国家試験 問104の4,5 解答解説

 

シアノ基の電子求引とグアニジノ基の塩基性 106回薬剤師国家試験問104の4,5

 

◆ 4について
4 × シアノ基は、電子供与性基である。
→ 〇 シアノ基は、電子求引性基である。

 

シアノ基(CN)は、比較的に強い電子求引性電子効果を与える。

 

=O,=NなどO,N,Sの不飽和結合を含む官能基の電子効果は下記の通り。

 

・sp3混成軌道の原子に対して電子求引(電子求引性誘起効果による)

 

・spおよびsp2混成軌道の原子に対して電子求引(電子求引性誘起効果と電子求引性共鳴効果による)

 

 

官能基の電子効果は下記のリンク先を参照
誘起効果・共鳴効果とは? 

 

 

◆ 5について

 

シアノ基の電子求引とグアニジノ基の塩基性 106回薬剤師国家試験問104の4,5

 

5 × 破線で囲んだ部分構造cは、グアニジンよりも高い塩基性をもつ。
→ 〇 破線で囲んだ部分構造cは、グアニジンよりも低い塩基性をもつ。

 

グアニジンの塩基性について、
グアニジンの共役酸(NH+)は、共鳴により正電荷が3つの窒素に非局在化されるので、かなり安定性が高い。
よって、グアニジンの塩基性はかなり強い。

 

シアノ基の電子求引とグアニジノ基の塩基性 106回薬剤師国家試験問104の4,5

 

部分構造cでは、シアノ基(CN)の強い電子求引性電子効果により、グアニジノ基の窒素の電子密度が低下しているため、無置換のグアニジンに比べて塩基性は弱いと考えられる。

 

シアノ基の電子求引とグアニジノ基の塩基性 106回薬剤師国家試験問104の4,5

トップへ戻る