クエン酸 医薬品化学 105回薬剤師国家試験問101

105回薬剤師国家試験 問101
クエン酸(C6H8O7)に関する記述について、誤っているのはどれか。1つ選びなさい。

 

クエン酸に関する記述について誤っているもの 105回薬剤師国家試験問101

 

1 IUPAC名は、2-hydroxypropane-1,2,3-tricarboxylic acidである。
2 結晶水を持つものは、クエン酸水和物と呼ばれる。
3 塩基性条件下、二価の鉄イオン1つに対して四座配位子として働き、安定なキレートを形成する。
4 不斉炭素原子を持たず、アキラルな分子である。
5 三ナトリウム塩の水溶液は塩基性を示す。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題集 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 医薬品化学 へ

 

105回薬剤師国家試験 問101 解答解説
◆ 1について
1 〇 IUPAC名は、2-hydroxypropane-1,2,3-tricarboxylic acidである。

 

詳細は下記のリンク先を参照
105回問101の1

 

 

◆ 2について
2 〇 結晶水を持つものは、クエン酸水和物と呼ばれる。

 

結晶水を持たないものはクエン酸無水物と呼ばれる。

 

★ 参考外部サイトリンク
結晶水(wikipediaさん)

 

無水物(wikipediaさん)

 

水和物(wikipediaさん)

 

水和とはどのような現象か(化学受験テクニック塾さん)

 

 

◆ 3について
3 × 塩基性条件下、二価の鉄イオン1つに対して四座配位子として働き、安定なキレートを形成する。

 

クエン酸は立体的な制約により、四座配位子として働くことはできない。
クエン酸は塩基性条件下、1つの金属イオンに対して二座配位子または三座配位子として働き、安定なキレートを形成する。

 

 

◆ 4について
4 〇 不斉炭素原子を持たず、アキラルな分子である。

 

 

◆ 5について
5 〇 三ナトリウム塩の水溶液は塩基性を示す。

 

 

★他サイトさんの解説へのリンク
105回問101(e-RECさん)

トップへ戻る