オピオイド受容体を標的とする鎮痛薬 100回薬剤師国家試験問211改題

100回薬剤師国家試験 問211改題

 

オピオイド受容体を標的とする鎮痛薬はどれか。2つ選びなさい。

 

モルヒネの構造をもとに開発された鎮痛薬はどれか 100回薬剤師国家試験問211

 

 

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 医薬品化学 へ

 

100回薬剤師国家試験 問211改題 解答解説

 

オピオイド受容体に作用する鎮痛薬は、2のペンタゾシン(ソセゴン,ペンタジン)と5のペチジン(オピスタン)である。

 

モルヒネの構造をもとに開発された鎮痛薬はどれか 100回薬剤師国家試験問211

 

 

内因性オピオイドペプチドのN末端のチロシンは、下記のような空間配置を取る。

 

モルヒネの構造をもとに開発された鎮痛薬はどれか 100回薬剤師国家試験問211

 

このことから、オピオイド受容体を標的とする薬物のファーマコフォアは、
@ 塩基性窒素
A 塩基性窒素から炭素数2,3個離れたベンゼン環
B フェノール性ヒドロキシ基(または代謝されてフェノール性ヒドロキシ基を生じる構造)

 

が存在し、内因性オピオイドペプチドのN末端のチロシンと同様の空間配置を取れることである。ただし、オピオイドにはフェノール性ヒドロキシ基が無いものもある。

 

本問では、モルヒネの構造を参考に正解を導き出せる。
立体構造も見ることがポイントである。

 

モルヒネの構造をもとに開発された鎮痛薬はどれか 100回薬剤師国家試験問211

 

 

2のペンタゾシン(ソセゴン、ペンタジン)は、オピオイドのファーマコフォアを有する。

 

モルヒネの構造をもとに開発された鎮痛薬はどれか 100回薬剤師国家試験問211

 

 

5のペチジンは、フェノール性OHは無いが、構造中の塩基性窒素およびベンゼン環は、モルヒネの4,5エポキシモルヒナン骨格の17位窒素およびA環と空間的配置が同様なので、オピオイド受容体に作用して鎮痛活性を示す。

 

モルヒネの構造をもとに開発された鎮痛薬はどれか 100回薬剤師国家試験問211

 

フェンタニルも、チロシンのような構造はないが、構造中の塩基性窒素およびベンゼン環は、モルヒネの4,5エポキシモルヒナン骨格の17位窒素およびA環と空間的配置が同様なので、オピオイド受容体に作用して鎮痛活性を示す。

 

モルヒネの構造をもとに開発された鎮痛薬はどれか 100回薬剤師国家試験問211

 

 

1は平面構造の骨格はモルヒネに似ている。
しかし、モルヒネと1とでは立体的配置が異なる。

 

モルヒネの構造をもとに開発された鎮痛薬はどれか 100回薬剤師国家試験問211

 

よって、1はオピオイド受容体を標的とする鎮痛薬ではないと考えられる。
なお、1はデキストロメトルファン(メジコン)であり、鎮咳薬として用いられており、延髄にある咳中枢に作用し,咳反射を抑制することにより鎮咳作用を示す。この鎮咳作用はオピオイド受容体とは異なる部位に対する作用で発揮されると考えられている。また、デキストロメトルファンはNMDA受容体拮抗作用を持つと考えられている。

 

 

4はベンゾジアゼピン系抗不安薬のロラゼパム(ワイパックス)である。

 

モルヒネの構造をもとに開発された鎮痛薬はどれか 100回薬剤師国家試験問211

 

 

★他サイトさんの解説へのリンク
第100回問210、211(e-RECさん)

 

トップへ戻る