ボルテゾミブ ホウ素の形式電荷,ルイス酸 107回薬剤師国家試験問106

107回薬剤師国家試験 問106
ボルテゾミブは、プロテアソームのβ5サブユニットのN 末端トレオニン残基と結合し複合体を形成することにより、プロテアソームの働きを阻害する。以下の記述のうち、正しいのはどれか。2つ選びなさい。

 

ボルテゾミブ 形式電荷,ルイス酸 107回薬剤師国家試験問106

 

1 アで示した複素環はピリミジン環である。
2 イで示した不斉中心の立体配置はS配置である。
3 ウで示したホウ素はルイス酸として働く。
4 エで示したホウ素の形式電荷は+1である。
5 エで示したホウ素はsp3混成である。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題集 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題集 医薬品化学 へ

 

 

107回薬剤師国家試験 問106 解答解説

 

◆ 1について
1 × アで示した複素環はピリミジン環である。
→ ○ アで示した複素環はピラジン環である。

 

ボルテゾミブ 形式電荷,ルイス酸 107回薬剤師国家試験問106

 

 

◆ 2について
2 × イで示した不斉中心の立体配置はS配置である。
→ ○ イで示した不斉中心の立体配置はR配置である。

 

不斉中心の絶対配置の判別の仕方については、下記のリンク先を参照
不斉中心の絶対配置の判別について

 

ボルテゾミブ 形式電荷,ルイス酸 107回薬剤師国家試験問106

 

 

イの不斉中心は、
Cが奥にあり、@ABが時計回りに並んでいるのでRである。

 

 

◆ 3,5について
ボルテゾミブ 形式電荷,ルイス酸 107回薬剤師国家試験問106

 

3 ○ ウで示したホウ素はルイス酸として働く。

 

5 ○ エで示したホウ素はsp3混成である。

 

下記のリンク先を参照
ボルテゾミブのホウ素はルイス酸 107回問106の3,5

 

 

◆ 4について
4 × エで示したホウ素の形式電荷は+1である。
→ ○ エで示したホウ素の形式電荷は−1である。

 

詳細は下記のリンク先を参照
ボルテゾミブのホウ素の形式電荷 107回問106の4

トップへ戻る