陽イオン交換基と陰イオン交換基 98回薬剤師国家試験問4

98回薬剤師国家試験 問4
最も強い陽イオン交換能をもつ樹脂の交換基はどれか。1つ選びなさい。

 

1 2級アミン
2 3級アミン
3 スルホン酸
4 カルボン酸
5 4級アンモニウム

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題 クロマトグラフィー一覧 へ

 

 

98回薬剤師国家試験 問4 解答解説

 

最も強い陽イオン交換能をもつ樹脂の交換基は、
3のスルホン酸である。

 

★ 陽イオン交換基

 

陽イオン交換基とは、
自身はプロトンを解離して陰イオンとなり、
溶質の陽イオンを結合するものである。

 

0〜2のかなり低いpHからプロトンを解離して陰イオンとなり、
陽イオン交換能を発揮する交換基を強酸性陽イオン交換体と呼ぶ。
強酸性陽イオン交換体としてスルホン酸(SO3H)がある。

 

6〜7以上のpHで陽イオン交換能を発揮する交換基を弱酸性陽イオン交換体と呼ぶ。
弱酸性陽イオン交換体としてカルボン酸(COOH)がある。

 

 

★ 陰イオン交換基

 

陰イオン交換基とは、
自身は窒素にプロトンを結合して陽イオンとなり、
溶質の陰イオンを結合するものである。

 

強塩基性陰イオン交換体として4級アンモニウムイオンがある。

 

弱塩基性陰イオン交換体として1〜3級アミンがある。

 

 

★ 他サイトさんの解説リンク
98回問4(e-RECさん)

トップへ戻る