陽イオン交換クロマトグラフィーによるアミノ酸の分析 101回薬剤師国家試験問100

101回薬剤師国家試験 問100
陽イオン交換クロマトグラフィーによるアミノ酸の分析に関する記述のうち、
正しいのはどれか。2つ選びなさい。

 

1 陽イオン交換基としては、スルホ基や、カルボキシ基などが用いられる。
2 アルギニン、グルタミン酸、グリシンの分離を行ったとき、アルギニンが最初に溶出される。
3 移動相のイオン強度を低下させることで、保持された物質を溶出させることができる。
4 移動相のpH を上昇させることで、保持された物質を溶出させることができる。
5 溶出されたアミノ酸は、ニンヒドリン試薬を用いたポストカラム誘導体化法により、蛍光検出される。

トップページへ

 

薬剤師国家試験過去問題 科目別まとめ一覧 へ

 

薬剤師国家試験過去問題 クロマトグラフィー一覧 へ

 

 

101回薬剤師国家試験 問100 解答解説

 

◆ 1について
1 〇 陽イオン交換基としては、スルホ基や、カルボキシ基などが用いられる。

 

下記のリンク先を参照
陽イオン交換基と陰イオン基 98回問4

 

 

◆ 2,4について
2 × アルギニン、グルタミン酸、グリシンの分離を行ったとき、アルギニンが最初に溶出される。
→ 〇 アルギニン、グルタミン酸、グリシンの分離を行ったとき、グルタミン酸が最初に溶出される。

 

4 〇 移動相のpHを上昇させることで、保持された物質を溶出させることができる。

 

詳細は下記のリンク先を参照
陽イオン交換クロマトグラフィーでのアルギニン、グルタミン酸、グリシンの分離 101回問100の2,4

 

 

◆ 3について
3 × 移動相のイオン強度を低下させることで、保持された物質を溶出させることができる。
→ 〇 移動相のイオン強度を上昇させることで、保持された物質を溶出させることができる。

 

詳細は下記のリンク先を参照
イオン交換クロマトグラフィーでのイオン強度変化と溶出 101回問100の3

 

 

◆ 5について
5 × 溶出されたアミノ酸は、ニンヒドリン試薬を用いたポストカラム誘導体化法により、蛍光検出される。→ 〇 溶出されたアミノ酸は、ニンヒドリン試薬を用いたポストカラム誘導体化法により、可視部検出される。

 

アミノ酸の検出と誘導体化について、
分離されたアミノ酸は、
ニンヒドリンで誘導体化されて可視部検出される、
もしくは、
o-フタルアルデヒドで誘導体化されて蛍光検出される。

 

 

★ 他サイトさんの解説リンク
101回問100(e-RECさん)

トップへ戻る